アマモサミットロゴマーク

MENU

 

開催趣旨

 全国アマモサミットとは、「アマモ」や「アマモ場」を象徴的なキーワードとして、海の自然再生・保全を目指している全国的な大会であり、平成20年よりこれまで全国各地の沿岸域が抱える環境課題をテーマに、事例発表や意見交換が行われてきました。

 今年、第10回目の開催地となる伊勢志摩は、万葉の時代から御食つ国と呼ばれるほど豊かな水産物に恵まれた地域です。これまで私たちは、農林水産業や日常の生活を通して陸と海とをつなぐ栄養の循環などに深く関わり、自然とともにこの地域で暮らしてきました。伊勢志摩国立公園に指定された日本を代表する豊かで美しい自然環境を次の世代に引き継いでいくためには、これからも私たちと自然との共生関係を維持し、古くから続く人の営みと自然の中の生命の循環を持続させていくことが大切です。

 全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩の開催を契機に、地域住民をはじめ、漁業者や行政など関係者が、全国各地の課題や先進的な取り組み事例を共有することで、伊勢志摩における沿岸域の自然環境保全に向けた活動の活性化に繋げていきたいと考えています。

 また、メイン開催地である志摩市では、平成25年8月に「新しい里海のまち宣言」を行い、総合計画をはじめとする関係行政計画や関係団体の実施事業の中に「人と自然の共生を大切にし、その恵みを生かし続けていく」ことを位置づけ、市民みんなで自然の恵みを生かすまちづくりに取り組んでいます。

 市民や次世代を担う学生たちも参画する中で、人と自然が共生し、自然の恵みとその生命が循環するまちづくりの活動の輪が広がることを目指します。

全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩実行委員会
委員長 西尾  新

 

全国アマモサミット2017 in 伊勢志摩

日 程:平成29年11月11日(土)~12日(日)

会 場:磯部生涯学習センター(三重県志摩市磯部町迫間878番地9)

定 員:400名

参加費:無料

 

当サミットは、全国モーターボード競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施するものです。

 

会場案内図

〒517-0214

三重県志摩市磯部町迫間878番地9

最 寄 駅 :志摩磯部駅

会場まで徒歩15分

バスセンター:磯部バスセンター

会場まで徒歩10分